秋田県横手市にある福祉施設の社会福祉法人平鹿悠真会《特別養護老人ホーム悠西苑》です。

 

施設長の独り言

   
施設長の辻田です。
私が日頃、思っていることや、著名人の名言、言葉などをご紹介して、
気持ちよく働く上で、
快く生活していく上で、
そして幸せに生きていく上でのヒントになれば幸いです。
よろしかったら、ご覧下さい。
 
フォーム
 
第114回  一日を「感謝」で締めくくる。
2020-11-16
  
 ふと夜寝る前に今日1日を振り返って「面白いこともなくてつまらなかった」とか「いいことなかったから疲れた」などと使ったりもします。それは自分自身が気付かなかっただけで1日の中で何気なく他人から何かしてもらったり、助けてもらっていることも多いと思います。それによって仕事が普通に進んでいたり、何事も起きずに1日を終われたのかもしれません。寝る前にはしてもらったことを振り返り、そのことに「感謝」し、眠りにつくと、この寒い夜も少しは温かく感じられ、熟睡できるのではないでしょうか。
 
 
第113回  美しくありたい
2020-11-03
  
 「美しくありたい」「輝いていたい」は女性がいくつになっても持ち続ける願い。愛媛県松山市にある女性専用のエステサロン「ヴァンサンカン」、働くスタッフは全員女性。子育て中のママの増加を受け、社長は店舗縮小、営業時間短縮など、働き方改革に踏み切ったといいます。そこには石原社長の「スタッフの人生が輝かないと、その先のお客様に笑顔と元気は届けられない」という思いがあります。女性が働きやすい環境づくりを日々進めているということのようです。
 
             石原社長の名言
・仕事は人を喜ばせるための能力と人間力がつきます。そして働くことは人生を豊かにしてくれます。
・スタッフが幸せでなければお客様も幸せにできません。スタッフが幸せでなければ私も幸せではありません。
 
   ABS秋田放送11月1日放送
「日本のチカラ」~ママが輝くとき 一人一人の一番を磨こう~ より 
  
 
 
第112回 人の心の闇 
2020-10-20
  新型コロナのニュースが薄れてきたらまた詐欺や殺人事件のニュースが目立ってきました。
人をだましたり、傷つけたりする行為は、誰しもが心のどこかに持ち合わせているのかもしれません。「心の闇」というか・・・。自分も子供の頃、平気でプロレスの過激な技を掛けて泣かせて、喜んだりしたことも実際ありました。ニュースで近所の人がインタビューを受けていると「おとなしい真面目な子でした」とか「挨拶もしてくれて明るい人でした」という声をよく耳にしますが、人は二面性があるということなのでしょう。どこで歯止めを利かせるのかまた、自分を抑制するかでその先が変わってしまいます。闇の部分はそっと心の奥底に閉まっておきましょう。
 
第112回 雨降って地固まる 
2020-10-05
  人間関係で何か発した言葉や起こした行動が、相手にとって許せる場合と許せない場合があります。許せない場合は『覆水盆に返らず』と言われるように永遠に許せないことなんでしょう。でも何かの勘違いや思い過ごしで受け止め方が逸れてしまい、そのことを自分で気付くことができれば、それは『雨降って地固まる』となっていくことでしょう。中学生の頃の話で恐縮ですがダブルスのパートナーと初めて口喧嘩をしてしまったことがありました。数日、口を聞かずに気まずい雰囲気でしたが、その後お互い謝る機会があってからは雰囲気もよくなり、大会ではまさかの優勝をすることができました。45年くらい前のことですがその光景をまだよく覚えています。本当に『雨降って地固まる』とはこのことかなと大切な思い出としています。結果を『雨降って地固まる』というポジティブな意識を持つことも必要かと思います。長文失礼しました。
 
第111回  伝える難しさ
2020-09-26
  本日の秋田さきがけ新聞に掲載されていましたが慣用句の本来の意味を取り違えて使用している人が多数いるようです。例えば「浮足立つ」はワクワク感から人から浮足立つんじゃないとか注意されたりもしますが、本来は『恐れや不安で落ち着かずそわそわしている』という意味であって6割の人が『喜びや期待でそわそわしている』というように誤解しているそうです。言葉も会話も活字も受け止める側の勝手な解釈や思い込みで使用していることが蔓延してしまった理由でもあるかもしれません。長年生きてきましたが(笑)人に伝えることの難しさや理解してもらうように伝えるというのは簡単なことではないとつくづく実感させられます。今のコロナ禍で浮足立つことのないようにしたいものです。
 

独り言 スタートです

独り言 スタートです
 
今日からブログ的にスタートします。
随時更新していきますのでご期待ください。
社会福祉法人平鹿悠真会
〒013-0105
秋田県横手市平鹿町
浅舞字新堀146
TEL:0182-23-5252
FAX:0182-23-5253
E-mail:yushinkai@crux.ocn.ne.jp
-----------------------------------
施設サービス:特別養護老人ホーム
在宅サービス:短期入所生活介護
       居宅介護支援事業
-----------------------------------
010690
<<社会福祉法人平鹿悠真会>> 〒013-0105 秋田県横手市平鹿町浅舞字新堀146 TEL:0182-23-5252 FAX:0182-23-5253