秋田県横手市にある福祉施設の社会福祉法人平鹿悠真会《特別養護老人ホーム悠西苑》です。

 

施設長の独り言

   
施設長の辻田です。
私が日頃、思っていることや、著名人の名言、言葉などをご紹介して、
気持ちよく働く上で、
快く生活していく上で、
そして幸せに生きていく上でのヒントになれば幸いです。
よろしかったら、ご覧下さい。
 
フォーム
 
第57回 こころがないと・・・
2018-07-10
  昔、漢字が発明された殷の時代には、様々な漢字の起こりがあるのに「こころ」に関係するような漢字はなかったようです。現在では「こころ」に関係する漢字は、へんやつくり等全部合わせると一番多いとも言われているようです。
 ではなぜ昔は「こころ」に関係する漢字や言葉がなかったのか不思議です。孔子さんが論語で
道徳を語っては、様々な人たちに教えていたのにと考えてしまうんですが・・・どうでしょう?
「こころ」という概念がなかったのでしょうか。逆に考えると年代が現代に近づいてくるに従って戦や人の命など関係なく奪うからこそ「こころ」にまつわる漢字や言葉が増えていっているの
かもしれません。人に優しくする「こころ」、他人を思いやる「こころ」を大切にしたいものです。何気なく目にする「こころ」に関係する漢字を見ては「こころ」は常に持ち続けようと思います。(思うという漢字にも「こころ」が入ってましたね)
 
 
第56回 ワールドカップに思うこと
2018-06-27
  サッカーのワールドカップで日本が活躍しています。熱戦が繰り広げられ、夜遅くの放送で寝不足のファンも多いかと思います。
日本人はごみを拾いマナーがいいと報じられ、渋谷では歓喜にわきあふれて、日本愛が感じられているのですが、どうしてこんなにも国内でとんでもない事件が毎日の様に起こるのでしょうか。人を人とも思わない殺人事件があまりにも多すぎます。
こんなにも日本という国を愛し、日本人を応援し、感動できるのにととても残念に思われます。ここ最近では施設への不審者対策も考えている状況です。
日本の活躍を見て、少しでも明るい気分になりたいものです。
 
  
 
 
 
第55回 人生で大切なことは(伊集院静編)
2018-06-11
  
 土曜日放映の「世界一受けたい授業」の中で伊集院静氏が故夏目雅子さんとの別れを経験し、生きていく上で一番大切なことを夏目雅子さんから学んだといいます。それは常に「陽気」でいることだと言っておりました。
 誰もが人に言えない嫌な事、不安な事を必ず抱えているし、「自分だけがみじめな思いをしているんじゃないんだ」という生き方が重要なのだと言います。
 伊集院さんは夏目さんの病気を隠していましたが、夏目さんは自分の病気も、それを夫が隠していることも知っていて常に明るく陽気で過ごしていたようです。(もともと夏目さんは明るい方だったようです)
 口で言うのは簡単ですが、実際自分に置き換えたらできないことです。残された人生を一日一日有意義に、人にも気を使い、そして陽気に、悔いの無いよう過ごせたら最高だと思います。改めて夏目雅子さんのすごさを実感しました。
 
  いつも陽気でいましょう!!
 
 
 
第54回 数字はウソをつかない
2018-05-25
  
 最近のニュースではそれぞれの言い分や発言が問題になっています。森友、加計学園問題、そして日大アメフト事件等、食い違いがあるのは誰かが嘘をついているからでしょう。
 昔、ある上司から「数字はウソをつかない」と教えられました。そのころ経理を担当していたので数字を合わせるために大変苦労したことがあります。タテヨコの合計、貸方、借方の合計等が合わないということが結構あります。差額を出し、原因を探り、コツコツと謎を追求する面白味もありました。昔は手書きもあったりして見間違いや逆さ数字など様々な現象が起きたりもしていましたが、最終的にはミスは人的ミスであり、必ず数字は合う、数字はウソをつかないと言われ、必死に合わせ作業をしていました。
 ウソはいつかは解明されるのです。
 
 
 
第53回 試練は神様がくれた最高のギフト
2018-05-10
  
先日、NHKのテレビを見ていた時、障害を持ったピアニストの方を特集していました。
難病のジストニアで絶望を味わい、ピアニストを諦めそうにもなった西川さんだが、持ち前の明るい性格でポジテイブに前を向いてリハビリ、練習を重ねた結果、現在は7本まで動くようになって、演奏を続けているとのことでした。気持ちは自分に与えられた試練を神様がくれた最高のギフトであると思えるようになったようです。困難を乗り越えて成功した例は様々ありますが、それを叶える要因は何なのかと思うことがあります。絶望で諦めない強い心なのか、元々のどんな時もポジテイブに考えられる思考力か、いずれにしても心の問題であることには違いないと思います。朝、ご飯を食べながら見ていて、何か涙が出そうになりました。
 
    絶望の人生は最高の人生に変わった
    試練は神様がくれた最高のギフト
              西川悟平 7本指のピアニスト
 
 

独り言 スタートです

独り言 スタートです
 
今日からブログ的にスタートします。
随時更新していきますのでご期待ください。
社会福祉法人平鹿悠真会
〒013-0105
秋田県横手市平鹿町
浅舞字新堀146
TEL:0182-23-5252
FAX:0182-23-5253
-----------------------------------
施設サービス:特別養護老人ホーム
在宅サービス:短期入所生活介護
       居宅介護支援事業
-----------------------------------
004029
<<社会福祉法人平鹿悠真会>> 〒013-0105 秋田県横手市平鹿町浅舞字新堀146 TEL:0182-23-5252 FAX:0182-23-5253