秋田県横手市にある福祉施設の社会福祉法人平鹿悠真会《特別養護老人ホーム悠西苑》です。

 

施設長の独り言

   
施設長の辻田です。
私が日頃、思っていることや、著名人の名言、言葉などをご紹介して、
気持ちよく働く上で、
快く生活していく上で、
そして幸せに生きていく上でのヒントになれば幸いです。
よろしかったら、ご覧下さい。
 
フォーム
 
第36回 偶然は重なる
2017-08-28
  今回も高校野球を題材に・・・
今年の甲子園での仙台育英対大坂桐蔭の試合はとてもドラマがあり感動を呼びました。
そこには神様のいたずらか偶然の連続がありました。
9回裏仙台育英の攻撃、もう終わりと思った時です。
2アウト、ランナー1、2塁。ショートゴロで万事休すのところショートはセカンドに投げずファーストに・・・
セオリーでは近いところでアウトにするところです。
さらに、ファーストがセカンドに投げるだろうと思ったのかベースについておらず踏み遅れてセーフに・・・
さらにその後ヒットを打たれて逆転サヨナラで仙台育英の勝利となりました。
裏話は色々あるようですが、そこまでは触れませんが悪い事や偶然というものはえてして重なるものです。勝負の世界でも人生でも油断やちょっとした気のゆるみがこのような結果を招いたりするものなのです。
 
第35回 お墓参りに思う・・・
2017-08-16
  今日は8月16日送り盆です。ご先祖様もお帰りになります。
ある本に「死んだら終わりではない。大切なのは別れは必ず来るということを知っておくことです。そして次のステージを楽しみにできる心を養うことです。」とありました。「そのため先祖のお墓参りは有効であり、別れ上手になるために過干渉を避ける意味でお墓参りしましょう。」とも書いてありました。
 両親がすでに他界し、自分も歳を重ねてきて「終活」や「断捨離」を意識してきている今日この頃ですが、まだ次のステージを楽しみにできる寛大な心を持ち合わせていません。ただ今日のこの一瞬は思いっきり生きるつもりではいるのですが・・・
別れはつらいものですが、割り切った考えをもつことも必要でしょうか。
 
 
             名取 芳彦著 「 気にしない練習 」 より一部抜粋
 
第34回 高校野球に刺激されて・・・
2017-07-28
  まだまだ熱い日が続いています。
夏といえば高校野球というイメージでしょうか。甲子園を目指す
高校生のひたむきに頑張っている姿には頭が下がる想いです。
ある報道で福島の高校の監督が言っていましたが、
自殺しようと思った人が最後に高校野球を観たいと思い
高校のグランドに立ち寄って練習を観ているうちに
自分は何をやっているんだろうと思い返し、自殺することを
辞めた人がいたという経験が載っていました。 それだけ
高校野球の一所懸命やっている姿というのは感動や生きる勇気を
与えてくれるものです。たとえ甲子園に出れなくても地区の1回戦で
敗退しても、観ている人にとっては頑張っている姿に元気をもらえるのです。
これから甲子園で熱い戦いが始まりますが、毎年この時期刺激を受けているのは間違いありませんね。
 
第33回 体調は常に万全に
2017-07-10
  暑い日が続いています。こんな時は食欲がなくなり、冷たいものばかり食べたり体調を崩しそうになりますね。
人間関係の上でも常に体調は万全にしておくべきであると言われております。
普段は明るくて温厚な人物でも、風邪で熱ぽかったりすると、不機嫌な顔になってしまうのも仕方ありません。皆さんもご経験あると思いますが、ストレスを感じたり、病気だったりすると、他の人に親切にできなかったり、ユーモアにもなれないことがあります。逆に周りの人達も気を使うし、関係性を保つにも苦労します。
身体の不調というものは、キチンとした生活習慣をしていれば中々起きないものだとも言われています。日頃から生活習慣を整え、体の不調を防止して、周りの人達とうまく付き合っていきましょう。
健康に過ごして、この暑い夏を乗り切りましょう。
 
 
第32回 藤井四段に学ぶこと
2017-06-29
 
 将棋界の藤井四段が連勝記録を打ちたて、ここ毎日快進撃のニュースが
流れています。日本中が関心をもち、記録樹立の時は号外まで出ました。
街角のインタビューでは14歳の勝利を喜び、応援メッセージが多数あります。
彼がなぜ人気がでたのか、みんなが応援するのか、それは若干14歳ながら
「謙虚」な姿勢を保っているからだと思います。俳優の子役でも嫌われる
子はいますからね。
どんな時でもどんな人に対しても「謙虚さ」を忘れないこと、
年齢は関係なく見習わなければなりません。
これから厳しい対戦がつづき、いつか負ける日がくるかもしれません。
また、挫折や洗礼を受けることがあるかもしれません。
でも、彼の「謙虚」な魅力があれば、多くの方々が応援し続けること
でしょう。
 
       藤井四段から大いに学びましょう。
 

独り言 スタートです

独り言 スタートです
 
今日からブログ的にスタートします。
随時更新していきますのでご期待ください。
 
社会福祉法人平鹿悠真会
〒013-0105
秋田県横手市平鹿町
浅舞字新堀146
TEL:0182-23-5252
FAX:0182-23-5253
-----------------------------------
施設サービス:特別養護老人ホーム
在宅サービス:短期入所生活介護
       居宅介護支援事業
-----------------------------------
003454
<<社会福祉法人平鹿悠真会>> 〒013-0105 秋田県横手市平鹿町浅舞字新堀146 TEL:0182-23-5252 FAX:0182-23-5253