本文へ移動

施設長の独り言

施設長の辻田です。
私が日頃、思っていることや、著名人の名言、言葉などをご紹介して、
気持ちよく働く上で、
快く生活していく上で、
そして幸せに生きていく上でのヒントになれば幸いです。
よろしかったら、ご覧下さい。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

第181回 研修の重要性

2023-09-24

職場では苑内を離れ外部機関の研修に参加したりすることがあると思います。もちろん個人で自分のお金で参加される方もいるかと思いますが、少しかけ離れた独り言になりそうですが、思っていることを綴ろうと思います。外部機関の研修やセミナーでは講師の方は何十回と講義、講演されていると思いますが、参加する方々にとっては大概、一期一会になろうかと思います。またその参加する事情も様々であって、遠方より朝早く準備して会場に出向いたり、子供さんを無理して預けたりして参加したり、貯めたお金で個人で参加したと、人生で二度と聞く機会のない講義や講演に参加するわけです。極端ですが、今の現状を何とかしたいと苦しい思いで参加されている方もいるかもしれません。思うのですが、その参加している間の時間を有意義に使い(居眠りなどせず笑)、自分のプラス又は職場のプラスになるような気持ちでモチベーション高くもって参加してほしいと願っております。

第180回 チームワークを考える

2023-09-11

ここ最近の日本のスポーツはバスケにラグビー、そしてU-18野球と勝利していることも関係していると思いますが、大盛り上がりです。そこでチームでのチームワークを自分なりに考えてみました。プロや選抜されたチーム編成と組織内でのチームワークでは少し違いがあるように思います。選抜されたチームでは勝利のために集められた人材が自分の役割や目標を持ち、勝利に貢献するよう活躍します。その意識の高さがチームワークを高めることにつながってくるのだと思います。一方、組織のチームワークを考えるに、メンバーは補欠がいるわけもなく途中で交代したりできません。今抱えているメンバーでチームワークを作っていかなければなりません。メンバーの資質には差もあり、考え方や目標がバラバラな状態だとチームワークづくりも容易ではないということです。この人手不足のご時世、組織も選りすぐりな職員が結集してくれれば組織もいくらか楽なんでしょうね。 

第179回 強さの秘密

2023-08-25

 この時期、ネタは得意の甲子園の話題です。仙台育英の活躍あと一歩というところでした。四面楚歌ならぬ三面楚歌のアウェイ状態でよく頑張りました。2年連続決勝進出、結果はどうあれ東北の誇りです。仙台育英は明らかに去年と違う今年の強さは、相手に野球をさせない強さがありました。どの強豪校も仙台育英に長所を消されていました。この強さは技術の練習もさることながら、選手の思考の訓練と、監督の野球研究の賜物であると思います。おそらく練習以外で密かに取り組んでいる成功プロセスのためのシュミレーションとか、他とは決定的に違うものがあるのでしょう。そうでなければ、この注目のプレッシャーの中を、しかも超強豪校を破って、前評判通り決勝まではい上がってくるのは、とても尋常ではありません。やはり他校と決定的に何か違うものをもっているのだと思います。

 

第178回 驚きの「黄金比」

2023-08-10
よくデザインなどで「黄金比」という言葉が使われたりします。これは調和のとれた美しさは1:1.6のサイズで表されるということのようです。デザインに限らず黄金比は美人顔や体全体のバランス、名刺のサイズなど身近なところ、知らないところで発揮されています。さらにそのデザインは営業戦略にも利用されているとのこと。一番驚いたのは黄金比などという言葉があった時代なのかと思わされる関ケ原の戦いの頃、日乃本一の武将と言われた真田幸村の旗印、六文銭の並びがばっちり黄金比になっていたようで本当に驚きです。見た目のバランスは正方形の方がよさそうですが、縦でも横でも長方形の方が整っているということなのでしょうか。何気なく見ていたものも今度から黄金比的視点で見ようと思っています。

第177回 親子関係の難しさ

2023-07-25
最近のニュースを見ていると親子関係の事件が多くなっているような気がします。親を例えて「毒親」なんていう言葉も流行するほどです。親自体は子供に対して過干渉であったり、学校などに対してモンスター化して攻撃したりすることも問題になっています。子供は成長するうえで反抗期があったり、付き合う友達によって影響を受けたりもします。その時の親子関係の良しあしで後々引きずってしまうこともあるのではないでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんを平気で捨てる母親、カッとなって親を刺し殺したり、他人でもなく親子関係でもそのような悲惨な事件が多くなっているのは悲しいものです。自分に子供ができて育てるようになったら親のありがたみがわかるとかよく言っていましたが、そんな時代でもなくなってしまったのでしょうか。難しい問題ですが、最終的には他人と同じように信頼関係を築くのが第一だと感じるのですが・・・。

独り言 スタートです

今日からブログ的にスタートします。
随時更新していきますのでご期待ください。
社会福祉法人平鹿悠真会
〒013-0105
秋田県横手市平鹿町
浅舞字新堀146
TEL:0182-23-5252
FAX:0182-23-5253
E-mail:yushinkai@crux.ocn.ne.jp
-----------------------------------
施設サービス:特別養護老人ホーム
在宅サービス:短期入所生活介護
       居宅介護支援事業
-----------------------------------
TOPへ戻る