本文へ移動

施設長の独り言

施設長の辻田です。
私が日頃、思っていることや、著名人の名言、言葉などをご紹介して、
気持ちよく働く上で、
快く生活していく上で、
そして幸せに生きていく上でのヒントになれば幸いです。
よろしかったら、ご覧下さい。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

第161回 幸せになるための習慣

2022-11-23
よく自己啓発本やYOUTUBEなどで「幸せになるなんちゃら」のように幸せになるためのハウツー本が存在します。誰でも幸せになりたい、幸せになる努力をしたいと願っているのはもちろんだと思います。ある本に幸せになるためのたった一つの習慣という題材?タイトルのような気がしますが、結論から話すると「常にポジティブな言葉を発する」という習慣を身につけることが重要のようです。言葉は言霊と言われるくらい、発すると脳が自分の発した言葉の証拠集めをする【予測の自己実現】らしく、それによって実現へ向かうことに結びついていくと言われています。カップラーメンしか食べるものが無かった時、不平を発するのではなく、「たまには食べたかった、ラッキー」と発しましょう。そうすれば明るい未来が待っているかもしれませんね。

第160回 プラシーボ効果

2022-11-07
突然ですが、プラシーボ効果という言葉があります。よく医療業界の例えとして、偽薬(プラセボ)を患者さんに服用してもらう実験で、同じような効果が表れたような意味合いですが、ビジネス業界でも応用されているようです。例えば、有名人の名言「為せば成る」のような前向きな言葉に影響され、自分も行動を起こせばすぐにではなくとも必ずや成功するんだという思い込みが発生し、ポジティブ感情になるようです。でも偽薬の話に戻りますが、研究者の中では偽薬を服用しなくてもいずれ治るものであったり、たまたま治ってしまったりという疑問がまだ残っているようですが、ここではポジティブに捉えて「思い込み」もいい方向に反応してくれるんだなと考えるようにいたしましょうか。

第159回 値上げにどう動く

2022-10-27
いろいろ値上げの話が聞こえてきて家庭のやりくりも大変になってきました。1円でも安いところで買う、無駄なものを買わずに我慢する等涙ぐましい努力をされている方もいることでしょう。行動経済学的には人は損得で物事を考え、自分にとって有益な方を決定するということがあるようです。なので損して得取れ的な考えに至るにも中々難しいものがあります。保険のような掛け捨てのような話はもはや論外なのかもしれません。また今話題の宗教関係にも必要以上にお金を貢いではならない(それ以前に入会してはダメ)と考えます。この状況にどう対応して動くのか悩んでしまいますが、逆に必要以上に動かずじっと我慢する方が得策のような気もしてきました。あちこち出かけたいのは山々ですが・・・

第158回 巨星、逝く

2022-10-10
プロレス界のアントニオ猪木氏、そして落語界の三遊亭円楽氏が亡くなられました。お悔やみ申し上げます。両名ともその界では巨星のような方でとても残念です。プロレスは、自分が幼少のころ近所のテレビのあるお宅に集まってよく観ていた記憶があります。猪木氏の「元気があれば何でもできる」はその通りだなと思います。また、長寿番組の笑点で毒舌で笑わせてくれた円楽さんも日曜の夕方、サザエさん症候群になりそうな時間帯に笑点を見ては笑って元気をもらっていました。お二人ともプロレス界や落語界を一つにまとめ上げようと活動されていたようで、それが道半ばで成し遂げられなかったことは無念だったことでしょう。でも人に元気を与える仕事によって人生まっとうできれば最高だったのかもしれません。

第157回 役になりきる

2022-09-23
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を毎回楽しみに見ています。前回は畠山重忠が壮絶な最期を迎えた回でした。畠山重忠は武士の鑑と言われた程の人物で、演じたのは若手の中川大志さんで、子役時代から大河ドラマにも出演されていた方です。ドラマはもちろんバラエティー番組にも出られ、auのCMでは細杉君を演じておられました。俳優というのは台本もあることでしょうが、その裏にある背景や心情を読み取りながらアドリブも入れながら自分の任せられた役になりきっているんだろうなと思います。よく研修でロールプレイングでその人物を演じたりすることはありますが、文章をよんでその人になりきるには中々難しいものがあります。「役割効果」を以前紹介したことがありますが、その与えられた地位でも何でも、役割を果たさなければならないということで心理的にその地位などに相応なものになっていくということが言われております。中川君も今回の役づくりで評価を上げられたということでさらに上を目指して、名俳優となっていくものと期待しています。

独り言 スタートです

今日からブログ的にスタートします。
随時更新していきますのでご期待ください。
社会福祉法人平鹿悠真会
〒013-0105
秋田県横手市平鹿町
浅舞字新堀146
TEL:0182-23-5252
FAX:0182-23-5253
E-mail:yushinkai@crux.ocn.ne.jp
-----------------------------------
施設サービス:特別養護老人ホーム
在宅サービス:短期入所生活介護
       居宅介護支援事業
-----------------------------------
TOPへ戻る